老後が不安なら確実に稼げる投資マンションをスタートさせよう

男女

賃貸の管理と保証

積み木

管理の手間が省ける

賃貸マンションやアパートを経営する上で一番大変なのが管理業務です。賃貸のオーナーになったら、マンション自体の管理はもちろん、借り主の管理もする必要があります。オーナー自身ですると手間がかかるので、一般的には管理委託料を支払い、不動産管理会社に管理を委託します。不動産管理会社は、オーナーからの委託を受けて賃貸マンションやアパートの賃貸管理をします。家賃回収や管理、滞納家賃の請求、更新手続きなど、借り主に関係することを「入居社管理業務」と言います。そして、老朽化した設備やマンションのリフォームをするのが「建物管理業務」です。この入居者管理と建物管理のふたつが、不動産管理会社の賃貸管理で大事な業務です。

契約内容と契約期間

賃貸管理を含めて、面倒なことや専門的なことは不動産屋さんに任せれば、賃貸経営が円滑になります。管理委託契約の契約期間は、一般的に2年間です。その間家賃の5%ほどの管理委託料がかかります。賃貸管理は管理に関わることだけなので、空き室になったときの保証はないです。空き室の保証を加えるならサブリースや空き室保証があります。サブリースの場合は家賃の20%ほどのサブリース代が必要です。しかし、借り主の募集やマンションの管理など、経営に関するすべての負担がなくなります。サブリースの契約期間は2年からです。空き室保証は家賃の5%の保証料が必要です。賃貸管理と空き室保証をセットで行っている不動産屋さんもあります。空き室保証の契約期間は賃貸管理と同じで2年です。